一杯のコーヒー

為替、株、資源、仮想通貨

プライスアクションからレンジブレイクを予測する方法

皆さまどうも、こんにちわ、りょすけです。

突然ですが、こちらのチャートをご覧ください。何の変哲もないとある日のユーロドルのチャートです。

このチャートには、ローソク足の部分にいくつかの数字と、Tのアルファベットが振ってあったり、ボックスが描かれています。

今回の記事では、このチャートに見えるプライスアクション の原則を、一つだけ紹介してみようと思います。

具体的には、チャート上に描かれてる数字の1から始まり、(3−4)の部分に着目し、Tのアルファベットの高値を超えて、

レンジブレイクして、上昇トレンドが確定するまでのプライスアクション の解説でございます。

緩やかな上昇トレンドの中の、レンジ

画像では、全体的には緩やかな上昇トレンドが形成され、最後にレンジブレイクして、極めて強い上昇トレンドが発生した事実を見て取れます。

①いつレンジがブレイクされるか、

②どっちの方向にレンジがブレイクされるか

僕たちトレーダーが知りたいのは、

ということを、プライスアクション から根拠を得たいわけです。

チャート上のお(1−2)を見てみてください、レジスタンスされていますね。

ブル派(買い)が上への試しをしているが、中々勢いが出ず、ベア(売り)派と拮抗してレジスタンスラインで跳ね返されています。

サポートラインまで届かず、再びレジスタンスラインへ上がっていくヒント

ブル派が上昇の勢いをレジスタンスで止められるからと言って、ベア派が売る勢いが強いとは限りません。

チャート上の(3−4)を見てみてください。安値がきり下がっていますが、結果的に、ボックスを引いたサポートラインまで届かず、結局ブル派の勢いに負けています。

サポートラインまですら、届かず上に反転してるってことです。つまり、ブル派の勢いの方が、強いと言う小さな根拠を掴むことができます。

Tに着目、このアルファベットの意味とは

チャート上の4からTへ向かうプライスアクション をみてください。

サポートラインまで届かず、ブル派に跳ね返された値動きは、レジスタンスラインを超えて、髭を作りました。

これを、ティーズブレイクと言います。Tの意味はそれです。

ティーズブレイクとは、一度レンジをブレイクしても結局、再度レンジの中に戻ってしまうということでして、ブレイクの失敗(惜しい)ということを表しているわけですが、

この時点で、チャートは明らかに強気です。

チャートの中に描かれているカーブを描いた線は、25EMAなのですが、ティーズブレイクの後、プライスアクション がレンジの中に戻った後、

25EMAが意識され、レジスタンスラインとの間でビルドアップを形成しています。

ビルドアップのあるレンジは、その後のブレイクが強く発生すると言われておりまして、また、25EMAが意識され、それ以下へ下がらないということは、ベア派(売り)の勢いがいよいよ根を上げようとしている明かしてです。

そして、ティーズブレイクの後にレジスタンスラインを超えると、チャートは強い上昇の流れを生み、ベア派の逆張り勢の損切りを巻き込んで急上昇しました。

プライスアクション を学ぼう


今回のチャート解説は、僕の大好きなfxの勉強の本、fx5分足スキャルピング から学びました〜

コメントを残す