一杯のコーヒー

為替、株、資源、仮想通貨

買われるか微妙だったが、売られない根拠があった。だからロングできたし、含み損に耐えられた。リスクはもう少し減らすべきだったのが唯一の反省。ちなみに、やっぱビルドアップ後のブレイクは強いね

こちらのチャートをご覧ください。

豪ドル米ドルの1hでございます、本日、ロングで勝てました。

取引履歴は、こんな感じです。

値動き、結構リスクあった。

一発目のロングを、1154円で利益を確定させてるところも心理的な理由があります。

でもめっちゃ学んだこと多かった。


一時は1万円くらい含み損を抱えたのですが、

なぜ、切らなかったか?

反転する根拠がそれなりにあったからです。

だから、含み損でも耐えられた。

これ、超大事です。


僕が一番最初のロングを打ち込んだプライスアクションはこんな感じ

20/11/04 18:05

これね。

実はこれ、数十分含み損が拡大しました。

もう少し、拡大してみよう。

見てよこれ。

僕がロング持った瞬間に落ちたがったw

で、25EMAをレジスタンスにして下落しやがった。

しんどかったな。

でもね、含み損を耐えのにはいくつかの理由があります。

上位の足を、もう一度見てみよう


これは日足だけど、めっちゃサポートライン強く効いてるっぽいでしょ?

若干、、、若干、、、

サポートを下へブレイクしてる風に見えるから怖かった…

でも、下ひげ出してるからロングの勢いはあると判断したと思う。

さらに、5m足でも、根拠ああります。

これは五分足だけど、

オレンジ色の印のところ、安値を切り上げてるのわかる?

サポートラインで、小さなダブルボトムも作ってたから、

もう下がらない根拠を信じることができました。

だから、こういう環境認識が出来たから、

含み損でも、耐えられた。

まだ、大丈夫だと耐えることができました。


全然関係ないけど、大きくドカーンっ!って上昇して、

短期トレーダーの利益確定で暴落したけど、

やっぱりサポートが効いてるからまた上へ行くっていう投資家心理も実に面白い


今回のトレードのミスを上げるなら、

やっぱ、後もう少しだけ待ればよかったところ。

この黄色いサポートが強いと認識されれば、

マグネット効果で引きつけられると考えられた。

黄色い矢印の、含み損を抱えなくてすんだ。


ちなみに、やっぱビルドアップの力ってすごいんだな。

これ、黄色いサポートと、25EMAにサンドイッチされながら、ビルドアップを作ってる。

僕が一発目のロングで、微益でポジションを開放したのは、

このビルドアップに捕まっていると認識できたからです。

下手したら、下へブレイクするかもしれないし。

これも、正しい選択だった。

で、いざビルドアップが上へブレイクしたら、とんでもない爆上げ。


結論、

チャートが読めるのは本当に素晴らしい。

そして、根拠を知れば、大きく負けない。

これがトレーダーの極意です。

以上、ありがとうございました。

コメントを残す