トレード日誌

相場、愛してるけど俺はATMじゃない

稼げるトレーダーも、稼げないトレーダーも、ここら辺がチャンスっぽいということは分かる。環境認識は、そこまで難易度は高くない。
が、稼げるトレーダーが『ここで入れば、ダメでもここら辺で損切りできる』と認識の最初に置くのに対して、稼げないトレーダーは『伸びたらこれだけ稼げる』と認識の最初に置く。
結局、相場は突き詰めて言えば、確率と運の勝負。環境認識やプライスアクションは、ポーカーで言えば手札が強いかどうか見極める材料、後は勝負すると決めたら運次第ってところがある。
運もランダムに見えて、悪い時はとことん悪いことがあるのが現実だ。だからこそ、運の悪い時は手早く退散し、大きく負けないのが大事。
運っていうものが、もたらす結果は、ぶっちゃけ、自分のメンタルや相場認識の小さな誤差でも大きく変わる。
さらに言えば、運のいいときは、逆に何をやってもとことん勝てる。そういう時には、チキってすぐにやめたらトータルで結局勝てない。勝てる時はとことん勝ちまくるのが大切。
まあ、こう言ってるようで実際にやるのが難しいんだけどね。(テヘペロ)
例えば、相場を認識するのにも、4時間足で相場を認識すれば大したことない値動きでも、15分足で相場を認識すればトレンド転換が起こってるようにも見える。
『トレーダー自身のスタイルや性格に合った手法を採用する』というのは本当に正しいくて、相場に正解はないし、自分の道を切り開くしかない。

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-トレード日誌

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.