トレード日誌

押し目買いと戻り売りを分かりやすく説明します

こんにちわ、お元気に過ごされていますか。

 

りょすけです。

 

本日は、トレードにおけるテクニカル分析の鉄板である、

 

押し目買いと、戻り売りに関して書こうと思います。

 

為替や株の短期売買の世界では「聖杯」という言葉がありますが、

 

ぶっちゃけ、その名の通りの「聖杯」なんて存在しないし、

 

もし、そういうものを謳っている広告や発信者がいれば、それは詐欺です。

 

カモになる前に撤退した方がいいです。

 

押し目買いと戻り売りは聖杯レベルの戦略

 

が、聖杯レベルの戦略ならば実は存在します。

 

それが、「押し目買い」と「戻り売り」です。

 

cisさんは「押し目買いは無意味」って言ってたけど、私はそんなことを思いません。

 

押し目買いと戻り売りは、どこにでもある当たり前の基礎知識だけど、

 

多くのトレーダーが生活を稼ぐためにやってるのも、

 

また基礎である、押し目買いと戻り売りです。

 

結局、短期売買の一番難しいことって、

 

誰もが当たり前のことを、当たり前にこなせるまで鍛錬できてないってことなんですよね。

 

ですから、今日は、押し目買いと戻り売りという

 

最強レベルの先方を、具体的に見ていくことにします。

 

押し目とはなんぞや

 

こちらの画像を見て欲しいんだけど、

 

 

茶色い線がチャートのプライスアクションだと思ってください。

 

それで、赤い丸が前回の高値として、

 

青い丸のところでロングで買いを入れるのが押し目買いです。

 

青い丸のところは、押し安値と言いまして、

 

前回の高値をつけて、調整として落ちてきたところになります。

 

この、青い丸のところでロングで買えば、結局全体の相場が上昇トレンドであれば、

 

前回の高値を超えていき、利益を取れるってことです。

 

じゃあ、戻り売りは?

 

戻り売りは、これを逆すればいい。

 

前回の安値のプルバック(調整波)が発生したら、

 

プルバックの反転でショートで売りを入れていきます。

 

そうすれば、結局全体の相場が売り目線ならば、前回の安値を下へ抜けて、利益が乗ります。

 

それで、赤い丸の部分が、戻り高値って言います。

 

分かりますか?

 

押し目買いと戻り売りの注意点

 

これ今、教科書的に簡単に説明しているけど、

 

言うほど簡単ではない。

 

何故なら、相場は常にフラクタル構造になっていて、

 

1h足で上昇トレンドでも、4hならばレンジであり、日足ならダウントレンドかもしれないし、週足なら上昇トレンドかもしれない。

 

例え短期足でトレンドに乗ってても、上位足のレジスタンスやサポートに差し掛かれば、

 

勢いは簡単に覆されて損失が発生してしまいます。

 

まとめ

 

今日の記事は以上になりますが、

 

今日は簡単に押し目買いと戻り売りを説明させてもらいました。

 

押し目買いとは、前回の安値を上へ抜ける起点となった安値、

 

戻り売りは、前回の安値を下へ抜ける起点となった高音のことです。

 

ここだけ抑えておけば、大丈夫かなと。

 

それで、一番重要なこととしては、押しやすね、戻り高値が壊されるまで、そのトレンドは続いてるって考えていいです。

 

それを踏まえていれば、チキン利食いや、無意味な損切りも減るはず。

 

以上です、ありがとうございました!

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-トレード日誌

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.