トレード日誌

常にプルバック反転から狙わないと利益伸ばせないって話 FX

今日はポンド円のトレードで微益を3回積み重ねて終了になりました。

 

 

環境認識は間違ってない。

 

が、早すぎて、尚且つ今日は値動きが弱かった。

 

 

赤い線のようなヘッドアンドショルダーを確認して、少なくとも図のように引いたフィボナッチ半値か、0.618くらいは取れるだろうと考えて、

 

実際は0.618くらいはスーーっと取ろうと思ってたんだけど、

 

逆行して一時は30pipsくらい?含み損を抱え、結局落ちて、チキン利食いを繰り返し、ハンネの前くらいで体力尽きて今日は終了した。

 

0.681くらいまで結局落ちると思ってたけど、半値でサポートされて売りも買いも弱い1日かなって思いました。

 

含み損に耐えるのはFXでは超絶に大切なスキル

 

まあ、今日のトレードで良かったなと思えたのは、

 

環境認識して、環境認識の根拠を信じれて含み損を耐えれたところと思う。

 

超えては行けないラインっていうのをしっかり見据えたことで、ここまでは大丈夫だと静観できて、

 

生還できた。

 

これが出来るってことは、相場感と値動きの推測が出来てるってことだから、いい事だと思う。

 

絶対に守られるラインを知っておけば、

 

待つことも上手になり、わけわからないことはしなくなるしね。

 

今回の例で言えば、守られるべき線というのは、短期足でみれば戻り売りのラインが明確なんだけど、

 

このあおい水平線か、フィボナッチの0.681とか、0.786とか

 

 

で、今回は、短期のプルバックが強くて、0.768まで戻ってしまってるけど、

 

ここでもまだ耐えられたのは、その左に大きなヘッドアンドショルダーがいたので、これに賭けたっていうか、

 

これに背中を預けた。

 

この選択は正しかった。やっぱ長期で視覚的に把握できるチャートパターンは強いよね。

 

今日のポンド円の日足はコマ足の陰線、この値動きを解釈したいよね

 

 

今日の日足は、このようにコマ足になって全く方向感がない1日になったわけだけど、なんでこういう動きになったんだろう?

 

こうみるとなんとなくレジサポに見えなくもないけど?

 

 

多分、ピンクのように上昇するか、ここを天井として結構下へ行くか。

 

まあ、明日以降の値動きを見て、短期足でトレードするしかないね。

 

 

 

まあ、現状1hとかは、下降の並行チャネル弾けるんで、これを羅針盤にトレードできるかな?

 

みたいな感じで見てはいます。

 

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-トレード日誌