投資コラム

短期売買では心配事の9割は起こると思った方がいい FX

私のトレードスタイルは、"スキャルピング気味になることも結構あって良いデイトレ"です。

 

ですから、利益もそんなに大きくない代わりに、損切りもめちゃくちゃ小さい場所を狙ってトレードします。

 

なので、狙えるチャンスは短期足では結構沢山あるわけですが、トレードはやればやるだけ負ける確率も上がるし、僕はチャートを見てる時間をあんまり長く持ちたくないため、

 

値動きがアクティブになる欧州初動とNY初動の1日二回だけと決めてやっています。

 

利益値幅が少ない分は、レバレッジでロット数を増幅させて補うというやり方をやっています。

 

で、今日のトレードのテーマは、『短期売買では心配事の9割は起こると思った方がいい』としたわけだが、

 

結局、トレードっていうのは、綺麗なダウが形成されてる上昇トレンドの時に押し目買いすれば、大概勝てるもんだとこれまでの経験で強く感じています。

 

でも、なんで皆んな資金を溶かすかっていうと、それはもちろん、自分の優位性が低いところでトレードしたくなってしまうからだと思うんですよ。

 

つまり、ちゃんと上昇トレンドで、高値と安値が切り上がってないのにロングしちゃうんですよ。

 

それで、特にデイトレでは、スイングトレードと違って数時間以内で決済するし、値幅も大きくないので、

 

せめて1日一回くらいはトレードでキャッシュを稼げたらいいなっていうマインドがあるはず。

 

ですから、だんだん1日の終わりが近づくにつれて、焦ってトレードしなきゃなって想いが加速してきちゃうんですよ。

 

で、ミスをやらかす。

 

でも、ミスをやらかす前に、多分自分でも、ここはちょっと微妙だなって想いを抱ける人も多いと思ってて、

 

で、そういう感覚の時は、最悪なことが起こる前提でトレードやった方がいいと思うんですよね。

 

例えば、僕はこういうチャートの局面で、

 

なんかこれあまり背中を預けるには心配だなって思うことがよくあります。

 

 

ピンクが長期足、白が短期足だとして、ピンクの長期足で大体の環境認識をした後に、白の短期足を使ってトレードしたいとして、

 

ピンクの長期足では、青い水平線に見られるように、もう三回もサポートされてるし、高値も更新してるからロングでいいと思うんだけど、

 

トレードに使ってる白い短期足を見てみると、サポートラインは崩れていないものの、

 

所々で、高値を更新できてないどころか、安値まで下に更新してしまってるところがあって、ダウが綺麗じゃない、汚い。

 

それで、この白い波が、1m足とか5m足とかならあんまり気にしなくていいけど、

 

15m足とか1h足で、こういう値動きが観測されると、『あれ?ベア派の勢い結構強くね?』って観測されだしちゃうこともよくあって、

 

結果的に、一番右の黄色い丸で押し目買いされると思いきや、

 

一回青い水平線も下へブレイクしてしまって、赤い矢印みたいに、もう一段、下へ押しちゃうことがよくあるんですよ。

 

 

で、こうなったら損切りになって負けるわけで?

 

だけどさ、かと言って長期足でサポートされるっぽいなら、こういう青い水平線みたいなチャンスには乗っておきたいわけじゃないですか?

 

ここを、何事もないみたいに見過ごすなら勇気がないよねってことになってしまうので、こういうリスクは取るべきリスクだと思うわけです。

 

だからこそ、今日のブログのタイトル、『短期売買では心配事の9割は起こると思った方がいい』とあるように、

 

あくまでも、短期足の値動きをみると、青いラインもブレイクしてくるかもしれないな?と疑ってトレードしなきゃいけないってことなんですよ。

 

過度に青い水平線を期待してたら、損切りが遅れて数日分、いや数週間分の利益を飛ばしたりするので。

 

デイトレは、数時間以内に決済するし、スキャルピングみたいなことであれば、数十分から十分くらいで決済することもあるわけで、

 

そういう風なスタンスでやっていれば、損切り幅も小さくしなきゃいけないから、上位足のサポートを完璧に使える機能したという感じになるまでには、今日中には無理だなと判断できたりする時間感覚も必要で、

 

じゃあ、環境認識をして、もしかしたら大きく逆行する可能性もあるなかで、もう一段下の時間足を使って、そっちで押し目買いしようという感じで起点を利かす。

 

で、もし綺麗にダウが出来てないなら、少しでも逆行を始めた段階で逃げておく。

 

こういう癖をつければ、相場が悪い方向に進んだ時も逃げ切れるし、相場がいい方向に行くことも結構あるんで?

 

そういう時は黙って持っておけば、5mが伸びきったなというところまで伸ばしておけばいい。

 

こうすれば、最終的に利益が残るのかなって思います。

 

やっぱ、短期足のダウの美しさみたいなものは、僕は短期売買で損切りを小さく取ってるのでとても大切だと思ってるんで、今日はこういう話をしました。

 

長期足(or 中期足)が上昇トレンドでも、短期売買やってるなら、短期足のダウが汚ければ、疑え!!でございます。

 

以上、ありがとうございました。

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-投資コラム

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.