一杯のコーヒー

為替、株、資源、仮想通貨

トレードは常に『綺麗な波の転換を狙う』のが聖杯レベルの手法

 

こんにちわ。

 

今日は軽めのコラムみたいなものを書いてみたいと思います。

 

僕は、これまで色々とテクニカル分析を勉強してきて、

 

水平線とか、フィボナッチとか、押し目買いとか、戻り売りとか、ダウ理論とか、

 

色々と勉強して、自分の優位性の高い場所でトレードすることに努めてきたわけですが、

 

結局のところ、そんなことは勿論大事なのですが、

 

もっともっと基礎的なことを、踏まえずにトレードしてたなって気が付いたことがあるんですよね。

 

それは、『波の波動を、ちゃんと弁える』ってことです。

 

どういうことかと申しますと、トレードは押し目買いにしろ、戻り売りにしろ、

 

波の波動の転換を狙う手法じゃないですか?

 

色々と、世の中にはトレードの手法ってあって、代表的なものだと、後いくつかレンジの逆張りと、ブレイクアウト手法とかいうのも、

 

あるんですけれども、なんやかんや言うても、波の波動を弁えずにトレードすると、

 

勝率って下がってしまうのかなって思うんですよね。

 

勿論、波の形だけ見て入っても、負けまくると思うんですけど、他方では環境認識だけでも勝てないのかなって今は思っています。

 

環境認識して優位性を確認した後に、波の波動の転換でGoって感じなのかなって思うんです。

 

僕は、このブログでも散々言ってきたんですけど、

 

値動きは、皆んなが買えば上がるし、皆んなが売れば下がります。

 

でも他方では、皆んなが散々買えば下がるし、皆んなが散々売れば上がっていくんです。

 

もし買うのであれば、ちゃんと売られた後に買う。

 

もし売るのであれば、ちゃんと買われた後に売る。

 

そういう風な意識があれば、別にレンジ相場だろうが、レンジの始まりだろうが、レンジの終わりだろうが、

 

事故ることは少ないのかなって思うんですよね。

 

だって、短期的に見れば、敵はもう、いないってことを分かって売買するってことですからね。

 

今後のトレードでは、より強く深く、波の波動を、観測していこうと思ってる次第です。

 

今日は以上になります。

コメントを残す