ブロックチェーン

ユニセフがブロックチェーン技術を導入してる?!世界に浸透しつつある革命的なテクノロジー

ユニセフがブロックチェーン技術を導入してる?!世界に浸透しつつある革命的なテクノロジー

 

こんにちわ。

 

突然ですが皆様は、ユニセフがブロックチェーンの技術を導入していることをご存じですか?

 

ユニセフとは、ご存じの通りチャリティーを世界中から募って、世界中の貧困に苦しむ子供たちを救う団体ですよね。

 

国際連合児童基金(こくさいれんごうじどうききん、United Nations Children's Fund)は1946年12月11日に設立された国際連合総会の補助機関。本部はニューヨークに置かれている。略称はUNICEFユニセフ[1]

当初は、国際連合国際児童緊急基金(こくさいれんごうこくさいじどうきんきゅうききん、United Nations International Children's Emergency Fund)と称して戦後の緊急援助のうち子供を主に対象とした活動であった[1]

日本は、1949年から1964年にかけて、主に脱脂粉乳や医薬品、原綿などの援助を受けた[2]。当時は日本も主要な被援助国の一つであった。

緊急援助が行き渡るのにしたがって、次第に活動範囲を広げて1953年に正式名称が現在のものに変更された(略称はUNICEFのまま)[2]開発途上国戦争内戦で被害を受けている国の子供の支援を活動の中心としている他、「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」の普及活動にも努めている。

かつては、物資の援助中心の活動であったUNICEFであるが、生活の自立がなければ無限に援助しても状況は変わらないとの発想の元、親に対する栄養知識の普及などの啓発活動にも力を入れている。

1965年に、ノーベル平和賞を受賞した[2]

そんなテクノロジーとは無縁そうなユニセフが、blockchainの技術を活用してるとはどういうことなのでしょうか?

 

答えはこの記事にあります。

 

こちらはユニセフの公式記事ですけれども、簡単にこの記事の内容を訳すと、

 

こういうことが書いてあります。

 

ユニセフ・ベンチャーズでは、世界の子どもたちや若者に情報、機会、選択肢を提供し、影響を与える可能性のあるブロックチェーンなどの技術を探求しています。

同チームは、ブロックチェーン技術が主に3つの方法で利益をもたらすと考えています。

1)革新的な資金調達モデルを活用してリソースを分配する、

2)内部プロセスの効率性と透明性を高める、

3)オープンソースのデジタル公共財の作成を奨励する、

これを実現するためのアプローチとして、社内外のステークホルダーとのリサーチとプロトタイピングを行っています。

 

素晴らしい試みですよね。

 

ICO技術を使えば、独自のトークンを発行して、新たなる資金調達の源に出来たり、

 

極めてオープンなソースの元で行われるマイニングは、買い残を不可能にした、中央集権の存在しないデータを作ることもできます。

 

そもそも、ブロックチェーン技術は、ユーザーが仲介者を必要とせず、

 

ある当事者から別の当事者に直接価値を送ることができる、信頼と交換の新しいシステムを導入しています。

 

ですからブロックチェーンは、デジタル取引の記録を「ブロック」という情報単位にまとめ、

 

共有ネットワーク上のコンピュータで安全に共有するソフトウェアということになりまして、

 

新しいブロックが追加されると、前のブロックと連結され、過去の情報を変更することが困難になります。

 

ブロックチェーン技術の応用例としては、ビットコインなどのデジタル通貨が有名ですが、

 

これらの技術は、通貨や金融取引にとどまらない可能性を秘めているわけです。

 

過去に私はビットコインのYouTube動画も作ったので、ブロックチェーンの革命的な発明について、

 

より詳しく知りたい方は、是非こちらの動画もご覧下さい。

 

 

今日の記事を書くに至り参考にさせていただいた教材はこちら。

 

興味ある方は是非、勉強してみてください。

 

未来への準備、できてるかい?

 

ブロックチェーン 理論と実践

概要

ブロックチェーンの理論と技術をきちんと学ぶ解説書。
「知識編」「実践編」の二部構成で、ブロックチェーンの核となる概念や原理、ブロックチェーンや分散型台帳の分野における最新技術や代表的な設計実装について理解を深めることができます。
それにより、ブロックチェーンプラットフォームをベースにした分散型アプリケーションをより効率的に開発できるようになるでしょう。

サンプル画像

Amazon.com

 

ブロックチェーンの仕組みをひとつひとつ図解 - 仕組みを紐解きながら最新状況・今後の活用方法まで体系的に

概要

現役エンジニアがブロックチェーンの仕組みを1から丁寧に図解。暗号技術、トランザクション、プルーフ・オブ・ワーク、スマートコントラクトなどの重要概念に加え、ブロックチェーンの現状と課題、今後の展望まで学びます!

ユーザーの声

ブロックチェーンの仕組みを解説する教材は多々あるが、2020年9月時点の最新情報を教えてくれる教材はこの教材である。ブロックチェーンについて知っていると自負していても、その知識はもう古いものでありビジネスに活かすにはもう時代遅れになっていること、そして、これからのビジネスにおいて活かすにはどのような知識を身につけなければならないかを教えてくれているのがありがたい。

Udemyの他のコースと違って日本語で解説してくれているため、私のような日本語話者は言葉の壁を気にせずに学べるのもうれしい。

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム Udemy

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-ブロックチェーン