ブロックチェーン 仮想通貨

暗号通貨のウォレットとは?初心者向けに解説

暗号通貨を使用するためには、暗号通貨ウォレットを持つ必要があります。

 

しかし、暗号通貨ウォレットとは何でしょうか?

 

暗号通貨を保護する上で、どのような役割を果たすのでしょうか?

 

暗号通貨ウォレットとは、簡単に言えば、

 

ビットコインやその他のサポートされているアルトコインやトークンなどのデジタル通貨を、

 

購入、送信、受信、使用するために使用されるデジタル媒体のことです。

 

ユーザーは、暗号通貨ウォレットを使って、自分の暗号通貨の残高を確認したり、取引を行ったりすることができます。

 

暗号通貨ウォレットの仕組み

 

暗号通貨はブロックチェーン上で動く仮想通貨であるため、

 

ウォレットは暗号通貨を格納したり保存したりするためではなく、

 

ユーザーがブロックチェーン内でやり取りするための媒体として作成されていることに注意してください。

 

ウォレットは、秘密鍵と公開鍵の両方を生成して保持し、ユーザーが自分の暗号通貨に便利にアクセスできるようにします。

 

わかりにくいですか?

 

金庫を想像してみてください。保管庫は、便利で安全に物を確保するのに役立ちます。

 

暗号通貨のウォレットも同様です。

 

ウォレットは、暗号通貨の取引に必要な秘密鍵と公開鍵の両方を保管する役割を果たします。

 

各ウォレットは、ユーザーに固有のアカウント番号(ウォレットアドレス)を提供します。

 

公開鍵は、固有のウォレットアドレスを生成するために使用されます。

 

ウォレットアドレスは、公開鍵を簡略化したもので、

 

ランダムに生成された大文字と小文字、そして数字の組み合わせです。

 

ウォレットアドレスは、通常の銀行口座と同じように、他の人と共有して暗号通貨を受け取ることができます。

 

一方、秘密鍵は、ユーザーの暗号通貨取引のパスワードや検証コードの役割を果たします。

 

これにより、ユーザーはブロックチェーン上にある実際の資金にアクセスすることができます。

 

公的に共有できる公開鍵とは異なり、秘密鍵は常にユーザーが安全に保管しなければなりません。

 

そのため、ユーザーが不運にも公開鍵やアドレスを紛失した場合でも、秘密鍵を持っていればいつでも取り出すことができます。

 

暗号通貨ウォレットでは、ユーザーはこの鍵を使って、

 

ブロックチェーンシステム上で既存の残高を確認したり、暗号通貨の資金を動かしたり(暗号通貨の売買など)することができます。

 

公開鍵は1つの秘密鍵としか結びついていないため、ウォレット内の取引を確認できるのはユーザーだけということになります。

 

暗号通貨ウォレットの種類

 

ウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットの2つに分類されます。

 

ホットウォレットはインターネットに接続されているウォレットで、

 

コールドウォレットはそうではありません。

 

これらのカテゴリーの下には、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレットという、

 

さまざまな暗号通貨ウォレットの種類があります。

 

ウォレットにはそれぞれ異なる機能や特徴があるため、特定のタイプのウォレットを選択することは、

 

各個人のニーズによります。

 

1つの暗号通貨のみを対象に作られたウォレットもあれば、複数のコインやアルトコインを提供するウォレットもあります。

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、

 

公開鍵と秘密鍵を1枚の紙(通常はQRコード形式)にプリントアウトしたコールドウォレットです。

 

これはいかなるサーバーにも接続されておらず、アクセスする唯一の方法は、

 

鍵を任意のソフトウェアウォレットに入力するか、QRコードをスキャンすることです。

 

オープンソースのサービスがオンラインで提供されており、

 

コンピュータやデバイス上でローカルに鍵を作成することができます。

 

これは、データがインターネット上に送信されないことを意味し、安全でセキュアな状態を保ちます

 

(あなたのデバイスがウイルスやマルウェアに感染していないことを考慮します)

 

これらの財布はプリントアウトされるので、ユーザーは紛失による盗難を防ぐために大切に保管する必要があります。

 

ハードウェアウォレット

 

ハードウェアウォレットは、ユーザーの秘密鍵と公開鍵を保存する専用の電子機器(USBなど)です。

 

公開鍵と秘密鍵の生成には、RNG(Random Number Generator)を使用します。

 

ユーザーは、取引を行うためのプログラムがインストールされたコンピュータやラップトップに、

 

このデバイスを差し込む必要があります。

 

ソフトウェアウォレット

 

この種のウォレットには、

 

ウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットという3つの異なる形態があります。

 

これらの形態に共通するのは、

 

すべてインターネットに接続されているということです。

 

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、

 

ユーザーが何かをインストールすることなく、

 

任意のウェブブラウザを使用してブロックチェーンにアクセスすることができます。

 

アクセスの利便性が高い反面、

 

ハッキング攻撃や盗難に遭いやすいという欠点があります。

 

デスクトップウォレット

 

デスクトップウォレットは、

 

特定のコンピュータやラップトップにダウンロードしてインストールします。

 

ユーザーは自分のキーと資金を完全にコントロールすることができます。

 

ウォレットのインストール前およびインストール中に、

 

コンピューターにウイルスやマルウェアがないことを確認しておくと、

 

悪意のあるハッキング攻撃を受ける可能性を排除できます。

ウォレットをインストールしたコンピュータやラップトップが故障した場合に、

 

このウォレットにアクセスできるように、

 

デスクトップウォレットと秘密鍵を定期的にバックアップすることが重要です。

モバイルウォレット

 

デスクトップウォレットと同様に、

 

モバイルウォレットもスマートフォンの中でモバイルアプリケーションを使って動作します。

 

技術的には、携帯電話を使ってどこでも使えるので、デスクトップウォレットよりも便利だと考えられています。

 

市場に出回っているコインやトークンのほとんどは、独自のウォレットを持っています。

 

Swipe Token(SXP)の場合は、Ethereumブロックチェーン上で動作する独自のSwipe Walletアプリを持っています。

 

Swipe Walletアプリは複数の種類の暗号通貨をサポートしており、

 

ユーザーはアプリ内で即座に購入、送信、使用することができます。

 

暗号通貨のウォレットを持つことは、暗号通貨の資金管理に不可欠な要素です。

 

ウォレットを使用することで、ユーザーは暗号通貨の資金を簡単に送受信することができます。

 

どの種類のウォレットを使用するのが安全かについては、各個人のニーズによって異なります。

 

それぞれのウォレットには独自の機能があるため、

 

特定のタイプのウォレットを手に入れる前に、自分のニーズを確認することが重要です。

 

*今回の記事を書くにあたり、参考にした記事

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-ブロックチェーン, 仮想通貨

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.