Dash 仮想通貨

Dash(ダッシュ)とは? 仮想通貨Dashを初心者向けに解説

2014年に登場した暗号通貨「Dash」は、当初「Xcoin」として知られていました。

その後、Darkcoin(ダークコイン)という名前に変更された後、2015年3月に現在のDash(ダッシュ)という名前になりました。

創設当初は、ユーザーのプライバシーと匿名性を確保するために設計されていました。

Evan DuffieldとDaniel Diazの共著によるホワイトペーパーでは、Bitcoinの創始者であるSatoshi Nakamotoの作品をベースにした、プライバシーを重視した暗号通貨であると説明されています。

 

重要ポイント

Dashは、現金、クレジットカード、またはPayPal経由で使用できるデジタル通貨として、日常的な取引の媒体となることを目指しています。

2018年には、デジタルキャッシュ会社がベネズエラに進出し、経済的に恵まれていない国への暗号通貨の初進出となりました。

Dashは、「マスターノード 」と呼ばれるユーザーのサブセットによって運営されています。

すべてのマスターノードは、システム内で1,000DASHに相当するスタートステークを持っています。

強力な暗号化機能を備えていますが、同社はその目的を変更しました。

現在のDashは、現金、クレジットカード、またはPayPal経由で使用できるデジタル通貨として、日常的な取引の媒体となることを目指しています。

ダッシュは、非中央集権的な決済ネットワークを含むオープンソースプロジェクトです。

 

2021年5月現在、ダッシュは時価総額で世界第50位の価値を持つ暗号通貨になっています(27億ドル:約2,980億円)。

Dash暗号通貨の1つ当たりの価値は229.74ドル(約25,000円)です。

 

Dashを理解する

Dashは、日常的な取引の媒体になることを目指しており、その野望を実現するために広いネットワークとなっています。

2018年、このデジタルキャッシュ企業はベネズエラに進出し、経済的に困難な国に暗号通貨が進出するのは初めてのことでした。

暗号通貨の需要とDashのユーザー数は、3年前に仮想通貨が登場して以来、急速に増加しています。

その背景には、ベネズエラが大きな内乱に見舞われ、現地通貨(ボリバ)が実質的に無価値になるほどのハイパーインフレに見舞われていることから、取引通貨としてのニーズがありました。

DashのCEOであるRyan Taylorは、CryptoSlateとのインタビューで、ベネズエラの「生存」には暗号通貨が「不可欠」であると述べています。

同国の市民がビットコインやダッシュなどの暗号通貨に注目したのは、迅速かつ安価に取引ができるからです。

 

Dashは研究にも投資しており、アリゾナ州立大学(ASU)と提携したブロックチェーン研究ラボに資金を提供しています。

ダッシュ社は、このラボを通じて、「ブロックチェーンの取引速度、効率、セキュリティを向上させ、用途を拡大する方法で、研究、開発、教育を加速させることを目的とした」研究に資金を提供しています。

また、DashとASUの協定では、学部生や大学院生の研究フェローシップのための奨学金も提供しています。

 

ダッシュはビットコインとどう違うのか?

 ダッシュ社とビットコインの主な違いは、それぞれの技術がコインを採掘する際に使用するアルゴリズムにあります。

ダッシュは、PoS(proof-of-stake)アルゴリズムを改良したX11アルゴリズムを採用しています。

また、ブロックチェーン上でトランザクションをスクランブルし、プライバシーを可能にするためにConjoinミキシングを使用しています。

ビットコインは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムを使用しています。

 

この2つの暗号通貨は、取引を処理するシステムが異なります。

ビットコインのブロックチェーン上のトランザクションは、ネットワーク内のすべてのノードによって検証される必要があります。

このプロセスは、権限のないコンセンサスを確保するために設計されており、フルノード(フルノードとは、マイニング専用のノード)には相当な投資インフラが必要となります。

このシステムでは、フルノードを稼働させているビットコインマイナーは、最適なオペレーションを確保するために、時間とお金を増やしてコミットします。

ビットコインのネットワークの規模が拡大するにつれ、これはますます不可能な作業になってきています。

このプロセスには時間がかかり、目詰まりを防ぐことができません。

処理が遅いと、ビットコインのメモリプール内にトランザクションのバックログが発生します。

そして、その結果、取引手数料が高くなり、ビットコインは日常的な取引を行う暗号通貨としては適さなくなります。

 

Dashは、トランザクションの処理に異なるシステムを使用しています。

ダッシュは、「マスターノード」と呼ばれるユーザーの一部によって運営されています。

マスターノードは、取引の検証と確認を簡素化します。

すべてのマスターノードは、それぞれのシステムで1,000DASHに相当するスタートステークを持っています。

この暗号通貨のホワイトペーパーの中で、共同創設者は、これによってユーザーがサービスの対価を支払い、投資に対するリターンを得ることができると述べています。

 

また、トランザクションのスケーラビリティの問題も解決します。

これは、トランザクションの承認を成功させるために必要なノードの数が、管理可能な数に減るためです。

マスターノードは、マイナーネットワークからの取引を承認し、ダッシュネットワークに決済やプライバシーなどのサービスを提供する役割を担っています。

 

2021年5月現在,ダッシュのネットワークには4,512のマスターノードが存在します。

ダッシュのエコシステムにおける2つ目のイノベーションは,そのガバナンスモデルにあります。

ダッシュと同じような志を持つ暗号通貨であるビットコインとライトコインは,学術機関から生まれたものです。

これらの暗号通貨の将来の発展は、かなりの部分、これらの機関からの大金に依存しています。

 

ダッシュは、ビットコインやライトコインとは異なり、ブロックの報酬を3つのステークホルダー(イースタンモード、マイナー、トレジャリー)に分配することで、自己資金を確保するモデルを確立しました。

最初の2人はそれぞれ45%の取り分を得ます。

自己資金は10%で、これはDashの将来の開発プロジェクトに使われます。

マスターノードはここでも重要な役割を果たしており、彼らの投票によって暗号通貨の将来的な開発方向が決定されます。

 

カテゴリーで探してみてね




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

-Dash, 仮想通貨

Copyright© 一杯のコーヒー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.