• 土. 10月 16th, 2021

ウォーレン・バフェットが実践している投資における絶対的なルール

Byrf

6月 23, 2021

バークシャー・ハサウェイのCEOであるウォーレン・バフェットは、世界一の株式投資家と言っても過言ではありません。

彼はまた、ちょっとした哲学者でもあります。

バフェットは、自分の投資アイデアをシンプルで記憶に残るような言葉で表現します。

しかし、彼の家庭的な言葉の本当の意味を知っていますか?

彼の哲学は、どんな経済環境でも通用するのでしょうか?

その答えは以下の通りです。

 

キーポイント

・バークシャー・ハサウェイ社のCEOであるウォーレン・バフェットは、世界で最も裕福な人物の一人として常にランキングされています。

・彼は、世界で最も優れたストックピッカーと言われており、彼の投資哲学やガイドラインは多くの投資家に影響を与えています。

・代表的な言葉として、「ルールNo.1:絶対に損をしないこと。ルールNo.2:ルールNo.1を忘れるな」。

・もう一つは、「事業がうまくいけば、株もそれに追随する」というもの。

・3つ目は 「素晴らしい会社を素晴らしい価格で買うよりも、素晴らしい会社を適正な価格で買う方がはるかに良い」というもの。

 

 

「ルールその1:絶対にお金を失わないこと。ルールその2:ルールその1を決して忘れないこと」

バフェットは2008年の金融危機で個人的に約230億ドルの損失を出し、彼の会社であるバークシャー・ハサウェイは尊敬されているAAAの格付けを失いました。

では、なぜ彼は「絶対に損をしてはいけない」と言えるのでしょうか?

それは、賢明な投資家としての心構えを言っているのです。

軽薄なことはするな。ギャンブルをしてはいけない。

負けてもいいや、という軽い気持ちで投資をしてはいけない。

知るべきこと。下調べをしなさい。

バフェットは、自分が徹底的に調べて理解した企業にしか投資しません。

彼は負けることを覚悟して投資をしないし、あなたもそうすべきです。

バフェットは、投資家にとって最も重要な資質は、知性ではなく気質であると考えています。

成功する投資家は、群衆の中にいるか、逆らっているかを重視しません。

株式市場には変動がつきものです。

しかし、良い時も悪い時も、バフェットは自分の目標に集中していますし、すべての投資家もそうあるべきです。

この尊敬すべき投資家は、市場がどうなろうとも、自分の長期的な投資戦略をほとんど変えません。

 

 

「事業がうまくいけば、株式はやがて追随する」

バフェットは、イギリス生まれのアメリカ人経済学者、教授、投資家であり、バリュー投資の父とも呼ばれるベンジャミン・グレアムの著書『インテリジェント・インベスター』の中で、「株式に投資することは、ビジネスの一部を所有することに等しい」と確信しました。

バフェット氏が投資先を探す際には、長期的に有望な事業を探しています。

安定した経営実績があるか?

圧倒的なビジネス・フランチャイズを持っているか?

高い利益率を維持しているか?

もし、その会社の株価が将来の成長の期待値を下回っているのであれば、その会社はバフェットが所有したいと思う銘柄です。

バフェットは、特定の企業に特定の一株あたりの価格を支払う理由を書き記すことができなければ、決して何も買いません。

すべての投資家が同じようにすることをお勧めします。

 

「素晴らしい価格の公正な会社よりも、公正な価格の素晴らしい会社を買う方がはるかに良い」

バフェットは、優良株を底値で買うことを好むバリュー投資家であります。

バフェットの真の目的は、バークシャー・ハサウェイ社の経営力を高めることであり、そのためには、将来にわたって確実な利益と資本増をもたらす銘柄を保有することであります。

2007年から2008年にかけての金融危機の際、バフェットはゼネラル・エレクトリック社やゴールドマン・サックス社などに数十億ドルを投資し、長期的に優れた投資先を確保していました。

優れた銘柄を選ぶためには、投資家は優良企業を発見するための基準を定め、その規律を守る必要があります。

例えば、耐久性のある製品やサービスを提供していること、営業利益が堅調で将来の利益の芽があること、許容できる時価総額の下限、PER(株価収益率)や負債の上限などを設定することもできます。

未知の市場リスクに対する安全マージンを確保した上で、適切な企業を適切な価格で見つけることが最終的な目標です。

忘れてはならないのは、株式の価格と価値は同じではないということです。

成功した投資家はその違いを知っています。

 

 

87.9億ドル

バークシャー・ハサウェイ社のCEOであるウォーレン・バフェットの純資産(2020年1月11日現在)で、世界第7位の富豪となっています。

 

 

「私たちのお気に入りの開催期間は永遠です」

株はどのくらいの期間保有すべきなのでしょうか?

バフェットは、10年間株を保有することに抵抗があるなら、10分間は保有すべきではないと言っています。

バフェットは、「金融の真珠湾」と呼ばれた時代にも、ポートフォリオの大部分を忠実に保有していました。

労務問題や製品の陳腐化など、企業の将来性に大きな変化がない限り、長い保有期間は、投資家が人間的に行動しすぎないようにするためのものです。

恐れすぎたり、欲張りすぎたりすると、底値で売ったり、ピークで買ったりして、長期的にはポートフォリオの評価が下がってしまいます。

 

 

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

コメントを残す