• 土. 10月 16th, 2021

裕福な人がお金持ちになり続けるためにしている10のこと

Byrf

7月 3, 2021

いくらお金を稼いでも、稼いだ以上に使ってしまっては、いつまでたっても貧乏人のままです。

平均的な人々、そして平均的な給料の世界では、多くの人が年収一億円以上を目指してると思います。

だって仕事をやめて、罪悪感のない買い物をしたり、果てしない休暇を取ったりできるような裕福な人になることを夢見ない人はいないでしょう。

しかし、ほとんどのお金持ちはそのようなことはしておらず、それがお金持ちになるための方法の一部なのです。

大金持ちであってもすぐに銀行口座を空っぽにしてしまうような無頓着な生活と、長期的な経済的自立と豊かさを目指した生活は違います。

自営業のお金持ちは、必ずしも誰よりも頭が良いわけではありませんが、出世や維持に役立ついくつかの重要な原則を身につけています。

最も重要なことは、彼らが富を築くことを学習可能なスキルとして扱っていることです。

そして、それはあなたにも学べることなのです。

もし、あなたが超富裕層の仲間入りをしたいのであれば、以下の10の習慣とライフスタイルの変化を身につけて、経済的自由を実感してみてください。

 

 

1.経済的成長を意識する。

富裕層の人たちは、ビジネスについて考えたり、お金を稼ぐためのさまざまな方法を見つけたりすることに関して、驚くほどクリエイティブです。

大成功を収めている人たちは、お金に対する見方を変え、利益を生み出すチャンスを見つけることに集中できる「経済成長マインドセット」を育んでいるため、他とは一線を画しています。

このマインドセットにより、成功者や裕福な人々は、常により大きな、より良いプロジェクトがあり、常により多くのお金を稼ぐことができると信じています。

彼らは新しいアイデアを探求することに前向きです。

自分には常に変化を起こし、良い結果を生み出す能力があると信じているのです。

 

 

2.他の成功者とネットワークを持つ

裕福な人は、自分の周りに成功者を置くことの重要性を理解しています。

裕福な人は、裕福であると同時に、意欲や才能、そして何よりも大成功を収める可能性を持った人たちとのネットワーク作りに時間を費やします。

金持ちは毎月、会議やイベント、集会などで同じ考えを持つ人たちと知り合いになったり、興味のある人とコーヒーやドリンクを飲んだりすることに時間を費やしています。

これは、成功に向けて意識を集中させ、新鮮で示唆に富むアイデアを持った新しい人々と出会うための、賢明な投資です。

また、富裕層の人たちは、自分を助けてくれる可能性のある、影響力のある人たちを連絡先リストに加えることができます。

 

 

3.コンフォートゾーンの外に出る。

富裕層が成功しているのは、多少の違和感を受け入れた人に成功が訪れることを学んでいるからです。

本当の意味で成長するには、自分の限界を超えることが必要だと理解しているのです。

お金持ちになりたければ、自分の創造力を高め、ユニークなビジネスのアイデアを出して、思い切って行動することです。

豊かさや成功は、9時から5時までの安全な仕事からは生まれません。

豊かさや成功は、9時から5時までの安全な仕事から生まれるのではなく、自分の内なる力を引き出し、大きな夢に向かって進むことから生まれるのです。

ビジネスリーダーやビジョナリー、ゲームチェンジャーとして成功した人たちは皆、究極の成功を収めるために、自分のコンフォートゾーンを超えてきました。

歴史に名を残すような人たちは、恐怖に立ち向かい、未知の世界への一歩を踏み出す勇気を持っていたのです。

 

 

4.複数の収入の流れをつくる。

お金があればあるほど、お金を増やすのは簡単です。

そして、お金を増やすための最も簡単で迅速な方法は、複数の収入源を持つことです。

そうすれば、常にお金が入ってきて、余った収入で新しい収入の流れに投資することができます。

一言で言えば、これが「富裕層が富裕層であり続ける」ための第一の方法です。

収入には、お金を稼ぐために働く「能動的な収入」と、働いた時間とは直接関係ない「受動的な収入」の2つの形態があります。

パッシブ・インカムには、賃貸不動産、配当株、インデックス・ファンド、本の執筆やアプリの作成などがあり、これらはすべて売上やロイヤリティから安定した収入が得られます。

 

 

5.投資をする。

お金持ちは、自分のためにお金を働かせます。

投資こそが経済成長の鍵であることを知っています。

雨の日のためにお金を貯めることも大切ですが、お金持ちになるためには、投資が大きな力を発揮します。

貯蓄とは、お金を必要なときに必要なだけ安全な場所に置いておくことですが、ほとんどの預金口座には高い利子がつかないため、このお金の山は基本的に静止したままで、追加した分以上に大きく成長することはありません。

しかし、賢い投資をすれば、健全なリターンを得ることができ、それを再投資することができます。

ただし、投資をするということは、ある程度のリスクを負うことになりますので、失う可能性のある金額以上の投資はしないようにしましょう。

 

 

6.計算されたリスクを取る。

お金持ちは、大きな決断をするときにギャンブルではなく、リスクを軽減するためにできることをします。

リスクを軽減するためにできることをしています。

リサーチと分析を行い、自分の資金ニーズやビジネスの目的に最も適したオプションを決定します。

そして、長所と短所を比較検討し、計算されたリスクを取るのです。

自分の目標に近づけるかどうか」を自問自答しながら、財務上の意思決定を行います。

自分の利益にならない軽薄なリスクは避け、お金に関しては決して軽率な態度をとりません。

 

 

7.自己啓発に力を入れる

富裕層は熱心な読書家ですが、彼らの本棚には心に響かないビーチ・ノベルはあまり見当たりません。

富裕層は、自己啓発の重要性を理解しており、あらゆる面で自分を高めようと努力しています。

実際、彼らのベッド脇に積まれた本を見ると、自己啓発に関するタイトルがほとんどです。

お金持ちの85%が月に2冊以上の自己啓発書を読んでいるのに対し、娯楽のために読んでいる人は11%しかおらず、貧困層の79%と比べても遜色ありません。

また、富裕層の94%がニュース誌を読んでいるのに対し、非富裕層では11%という結果になりました。

 

 

8.完全に引退することはない。

超富裕層は確かに一生働かなくてもいいくらいのお金を持っていますが、大多数の人は少なくともある程度は働き続けており、70歳を過ぎても働き続けています。

だからといって、長時間オフィスで仕事をしているわけではなく、それなりに休暇を取ったり、フレキシブルなスケジュールを楽しんだりしているはずです。

しかし、多くのお金持ちは完全には引退しません。

それは、余裕がないからではなく、自分の仕事を楽しんでいるからだと思います。

多くの人は根っからの起業家であり、ビジネスを運営し、成長させたいという願望が消えないのです。

働くことの安定性と、それによって得られる目的意識や充実感は、彼らの全体的な幸福の重要な部分を占めています。

仕事をすることで、継続的な成功の実感と、集中力を保つための目的を得ることができます。

もちろん、お金が入ってくることは言うまでもありません。

 

 

9.お金を使いすぎない。

裕福でない人たちは、豪華な車や大きな家、高価な服を買って、安心してお金を使うことを夢見ていますが、お金持ちは、お金を使えば使うほど手元に残るお金は少なくなることを理解しています。

富裕層は、過剰にお金を使っていたら、裕福な生活を長く続けることはできません。

いくらお金を稼いでも、稼いだ以上のお金を使ってしまったら、いつまでたっても貧乏人のままです。

富裕層は、支出を減らせば減らすほど、財産を増やすことができると認識しています。

倹約は収入との関係で決まることを覚えておいてください。

裕福な人は中流階級とされる人よりもはるかに多くのお金を使うかもしれません。

しかし、相対的に見て、お金持ちは倹約家の傾向があり、使いすぎないように気をつけています。

 

 

10.考える時間を持つ

自立した富裕層の多くは、毎日、集中して考える時間を持っています。

静かな空間で30分(またはそれ以上)過ごすことで、自分の人生や目標を振り返り、健康や人間関係について考え、キャリアや経済的な目標を検討し、現在の状況となりたい場所を分析する時間を設けています。

批判的に考える時間は、市場の先を行き、どのような変化が自分に訪れるかを考えるために不可欠です。

また、自己啓発やアイデアを練るのにも適しています。

創造的な解決策やアイデアを思いつくために、日記や文章を書くことを選ぶ人もいるでしょう。

ただ、生産的な考えに時間を使うようにしてください。

反芻(はんすう)したり、自分を疑ってしまうようなネガティブな思考のループに心のエネルギーを使わないようにしましょう。

裕福な人はそうしません。

 

 

rf

日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

コメントを残す