ビジネスのセンスがない人に共通するたった一つの悪癖、それは自分のために行動するということ

ネット系の仕事をしていると、フリーランサーを目指してる人や、独立開業を目指してるや、起業を目指してる人とよく出会う。

 

ネットの仕事は、パソコン一台あれば誰でも仕事ができて、資金も全く必要ないから、ビジネスを始めやすい仕事であることは事実だ。

 

でも、実はネットの仕事でお金を稼げない人は結構多い。むしろ、ネットの仕事でお金を稼げない人が多いからこそ、

 

フリーランスだの起業だのという話がわんさか出てくるのではないだろうかとも思ったりする。

 

それは驚くことに、プログラミングが出来る人ですら、仕事が見つからない人がいたりする。

 

一般的に考えれば、プログラミングが出来るならば、仕事が見つからないはずなかろうに・・・

 

と、思うわけだが、仕事が中々見つからずに、結局フリーランスエンジニア派遣をせざるを得ない人も結構いる。

 

はっきり言って、プログラマーとしてエージェント派遣を選ぶのは、それなりの理由がなきゃ絶対避けるべきだと思っている。

 

手取りは高いが、将来は薄い。そんな仕事こそフリーランスエージェント派遣だと思っている。

 

まあ、そんな話は今日は控えたいのだが、、、

 

偉そうに言う私も、全然仕事が見つからずに困ってる時期があった。本当に困ってて苛立っていた時期があった。

 

だって、僕はプログラミングもマーケティングもそこそこ出来るのに、なんで仕事がないんだ???!!!と悶絶したりしていた。生意気に。

 

でも、今考えれば、あんな頃の自分に仕事など見つかるわけがないんだなあと、今は多分思える。

 

何故なら当時の僕は、案件を探して奮闘する単なる案件ジプシーみたいな状態に陥っていたからです。

 

悶絶して疲れた私は、一旦心を入れ替えて商売ってなんだろうなと考え直すことにしました。

 

商売って、、、困ってる人を助けて対価をもらって仕事を継続するチャンスをいただくことではないか。

 

そう思ったんですね、それから僕は、案件を探すのではなくて、困っている人を探すことにしました。

 

そうすると、ネットの中には困っている人がいっぱいいることを知りました。

 

もう明白に困っているんだと叫びを表明している人、さりげなく助けてくれる人いたらありがたいなあって呟いてる人、

 

そう言う人たちが集まってるコミュニティも沢山あったりして、いろんな出会いがあることを知りました。

 

そういう感じで案件を獲得して対価をもらうと、よりいっそう、自信がついて他人を助ければお金になるのかと学びました。

 

そして何よりも自分がなんだか救われた気持ちになりました。他人を救えば自分が救われる。こんなことが実際にあるのかと新鮮な驚きを感じました。

 

正直、今まで僕は世のため人の為だとかなんとか言ってる人をバカにしてたこともあるんじゃないかと非常に恥ずかしい気持ちになりましたし、

 

自分が辛い、その状況を変えるのは自分じゃない、他人の力によって自分は変われるんだと思ったわけですね。

 

だから、他人を助けたいという思いは、偽善でもなんでもなくて、心の底から自分が救われたいという叫びでもあるんですね。

 

だから、もしも仕事がなくて辛い困っているのであれば、偽善でも自己満足でもなんでも良いので、困ってる人を救わせてくれと意識を改革してみると良いですよ。

 

そうすると、必ず今まで見えなかった仕事の見つけ方が見つかるはずです。

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

お金持ちビジネス

コメントする