ビジョンファンドは孫正義のワンマン経営じゃない!というのを自身が説明

 

 

ソフトバンクビジョンファンドと言えば、AIやハイテク業界のユニコーンに湯水の如く金を使う企業として有名です。

 

日本企業が、ここまで意味不明な規模のファンドのリーダーであることは、ある意味誇りです。

 

孫正義さんは、世界トップレベルの経営者と言える。こんな人が日本に生まれて本当に我々は恩恵を受けている。

 

もし孫正義がいなければ、日本のブロードバンド革命も遅れ、いつまでネットがノロマで高額だったかはわからないよ。

 

そんな天才の孫正義だからこそ、何でもかんでも独断専行が許され We work などの失敗投資をしてしまってから、

 

この投資集団は大丈夫なのか?!と多くの株主から心配されてたわけなんだが、

 

ビジョンファンド2の株主説明会では、どれだけ多くのフィルターを通して、投資判断を行なっているかを説明されていた。

 

これにより、孫正義の独断専行ではなく、しっかり企業価値を測って、安全に意思決定されているようです。

 

今後の動きにも注目ですね!

rf
  • 日頃よりFXのデイトレをやっています。株や経済のことも好きですし、ブロックチェーンやNFTにも興味があるのでブログに書いていきたいと思っています! Twitterは、@ippai_no_coffee です。

SoftBankソフトバンク投資コラム

コメントする