• 土. 10月 16th, 2021

FX手法検証データ取り

2021年の6/21(月)から、私が想定したシナリオがデータに対して何割成功するのか、

 

そしてその確率は通貨ペアに寄るのかという実験をしていきたいと思います。

 

[st-mybox title=”メモ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ちなみに、私のシナリオはシンプルで、4時間足で環境認識して、1時間足でポジションの売買を行います。ポジションメイクのタイミングは1時間足以下の短期足とします。手法は水平線とフィボナッチ、それからダウ理論です。

[/st-mybox]

 

フォレックステスターなどで自動でさっさと実験を終わらせることも出来ますが、やっぱリアルトレードで時間をかけて、その時々の感情とか、抱えてる現実とか、持ってる資金量とか、色々あると思います。

 

だから、現実トレードのチャートを使って時間をかけてデータを取っていきたいと思っています。

 

通貨ペアは、ざっくり米ドル、日本円、ユーロ、ポンド、豪ドルで行います。

 

基本はプライスアクションのみで、ファンダメンタルズの影響は考慮しない時間帯や日にちでやりますが、完璧はないので、

 

そういう予想外はデータ検証の確率のうちとします。

 

ちなみに、全部の通貨ペアでリアルマネーでトレードするわけじゃないので、とあるペアはリアルマネー、とあるペアはデモトレードで行います。

 

では、早速よろしくお願いします。

 

ユーロドル